キャッシュレスポイント5%還元

両親への花束贈呈に贈りたい素敵な花言葉の花

披露宴は新郎新婦の祝いの門出を、関係者総出で祝う宴席です。おふたりの人生最高の瞬間を皆で喜び分かち合うとてもおめでたい時間。そんな披露宴を祝ってくれた関係者へ、特に深く広い愛情で育ててくれた両親へは花束を渡すことで感謝を伝える「両親への花束贈呈」は披露宴のクライマックスのイベントです。そんな両親へ渡す花束も予算に合わせて花屋に任せただけの花束よりも、ひとつひとつ意味合いも込めて花を選んで束にするとより気持ちを伝えられるはず。今回はそんな両親への花束に込める花言葉をご紹介します。

「母へ」贈りたい花言葉

カーネーション(赤)・・・「母への愛」

カーネーション

母へ手渡す花束の定番です。
カーネーションは色によりその花言葉が変わります。ピンクは感謝、黄色は嫉妬、オレンジは熱愛などになります。白いカーネーションは亡くなっている母親へ捧げる花とされていますので、ご存命のお母様に贈る花としては避けた方がよいと言えます。

紫陽花(あじさい)・・・「家族の結びつき、家族団らん」

アジサイ

母の日に送るカーネーションに続いて、人気なのが紫陽花です。小花が集まっているさまを,肩を寄せ合って生きている家族の団らんの姿に捉えた花言葉。兄弟や祖父母など、人数のある家族の成長に支えられた気持ちを伝えることができるのではないでしょうか。色も種類も豊富で、ユニークな紫陽花は、結婚式のテーブル装花としてもよく使われます。「元気な女性」という花言葉もあり、家族の中で太陽のような存在のお母さんにぴったりの花ですね。両親への贈物におすすめの花です。

クレマチス・・・「深い思いやり/精神の美」

クレマチス

「Traveler’s joy=旅人の楽しみ」とも呼ばれる花です。由来は宿屋の玄関に植えで旅人を迎えていたことからですが、石垣などに沿って伸びるツタ植物のなかでもきれいな花を咲かせることから「女王」とも呼ばれています。母の深い愛情に対して敬意を表せる花のひとつです。

かすみ草・・・「感謝と幸福」

かすみ草

その白く小さな花は儚く可憐なさまを感じさせますが、贈る相手への感謝と幸福を願う花言葉が含まれています。

サルビア・・・「家族愛」

サルビア

サルビアの見た目は他の花よりも背が高く目立つ容姿をしていますが、ほかの花の中に埋もれることなくその存在をアピールすることができます。さまざまな花を束ねた中から伝えたい花言葉を解してほしいときは、これぐらい目立つ花をいれるのもいいのではないでしょうか。

トルコキキョウ・・・「贈る相手の深い愛・美しい心を称える」

トルコキキョウ

まざまな品種から数多くの色が存在します。それぞれ意味も異なるようですが、全体の花色と組み合わせることできれいな花束となります。

ピンポンマム・・・英名はpom pom mumで「高貴・思慮深い」

ピンポンマム

球形に咲くキク科の花で、花束のアクセントにするとかなり目立ちます。可愛らしい姿ですが、キク科特有の「高貴」の意味合いを持っているので和服の似合う母親へ渡すお似合いの花と言えます。

パンジー・・・「つつましい愛」

パンジー

学生時代に毎日お弁当を作ってくれるような母親へ伝えたい、陰ながらも優しいまなざしで見守ってくれる母へ贈る花束にいかがでしょう。

チューリップ・・・「やさしさ・思いやり」

チューリップ

母親へ渡したい花束の上位に上がる花で、品種も色もグラデーションを作り出せるほど数多くあります。その色ごとに花言葉が違っていて、「紫=永遠の愛」「ピンク=誠実な愛」「緑=美しい瞳」「オレンジ=照れ屋」ですが、赤いチューリップは「愛の告白」が含まれています。母親へ贈るときは赤よりも紫やオレンジが好ましいでしょう。また黄色・白・黒などは「望みの無い愛、私を忘れて」など悪いイメージの花言葉がありますので披露宴では控えるようにしてください。

バラ(ピンク)・・・「感銘・誇り・感謝」

バラ(ピンク)

贈る花束の代表はやはりバラでしょうか。その花言葉は色ごとに数多く存在しますが、基本は赤やピンクでしょうか。「赤=愛」と漠然としているかもしれませんが、赤にも淡い赤や深紅など品種によっても変化します。そのなかでも母親へ贈る花としておススメなのは黒赤色の「永遠の愛」です。もうひとつはピンク系の「感銘・誇り・感謝」です。「白=尊敬」「紫=気品」などとともにバラの花束も良いのではないでしょうか。

ダリア・・・「感謝・豊かな愛」

ダリア

「赤=華麗」「白=感謝」などバラのように色とともに多くの花言葉があります。フランス革命のころに人気のあった花のようで、悪い言葉も含まれていることが多く、花言葉を重視する際は注意が必要です。

「父へ」贈りたい花言葉

父親へ花束を渡そうと考えるとなにを贈ればいいのか悩んでしまいますよね。でも母親へ渡すことと同じように、素直に今までの感謝を伝える花束づくりができれば貰う父親はその気持ちだけでもうれしく受け取ってもらえると思います。あまり思い悩まず、父親の背中を見てきた子としての気持ちが伝わるよう花を選んでみましょう。

アジアンティックハイブリッド・・・「子としての愛・親思い」

アジアンティックハイブリッド

花弁の根元に隙間があることから「透かし百合」という和名があります。子から親への気持ちを伝えるにふさわしい花と言えます。すらっとした姿も余計な飾りがなくもらう男性も抵抗なく受け取ることができるユリは、父親への花束として最適です。

バラ(黄色)・・・「献身 家族を守る」

バラ(黄色)

「献身 家族を守る」という花言葉がある黄色いバラは、同時に「平和」も意味します。一生懸命働いて家族を金銭的に支え続けてくれた父親の背中は、献身的に家族を守ってくれていたのだと気づかせてくれるはず。またバラの中でもモッコウバラと呼ばれる品種には「幼い頃の幸せな時間」を表すので、そちらと組み合わせるとよりメッセージが届くのではないでしょうか。

バラ(赤)・・・「尊敬・模範的」

愛情を表現するもっとも有名な赤いバラを父親へ贈ることはなにかしらの違和感があるかもしれませんが、「内気」を表す深い赤色の束に白を入れると「調和・温かい心」を意味しますので厳格な父親ほどふさわしいのではないでしょうか。

ヒマワリ・・・「元気・希望・明るい」「敬慕・愛慕」

ヒマワリ

黄色い花であることから「世界平和」の象徴として親しまれています。太陽に向かって真っすぐ上を向いて成長する姿は、父親の姿勢を映し出しているのかもしれません。

胡蝶蘭・・・「幸福が飛んでくる」

胡蝶蘭

蝶が飛ぶ姿に似ていることから「幸福が飛んでくる」という花言葉を持っています。その縁起の良さから、両親への花束贈呈だけに限らず、花嫁のブーケにもよく使われる花です。縁起のいい花言葉を持ち、長く花を楽しむことができるので、両親への贈物へぴったりの花です。
ランはきれいに長く育てるには難しい品種で、そこが頑固な男親に似ていることから父親へ贈る花として人気があるようです。日本には蘭の品種は230種、世界では15000種あるといわれているほど品種改良を重ねられている花なので、色や形など好みの花を探すのもひと苦労しそうです。

黄菖蒲(キショウブ)・・・「よい便り/嬉しい知らせ」

黄菖蒲

黄色い花を咲かせる黄菖蒲は「幸せをつかむ」という意味があることから、遠く離れてなかなか会えない父親へ贈る花として人気があります。

ローズマリー・・・「思い出」

ローズマリー

料理のスパイスハーブとして知られるローズマリーですが、その花にも「思い出」という花言葉があります。ほかにも「追憶、記憶、静かな力強さ」の意味を持つことから、料理好きの父親へ贈る花としておススメです。

ムラサキツユクサ・・・「尊敬/知恵の泉」

ムラサキツユクサ

「尊敬/知恵の泉」という花言葉から、無口でも縁の下の力持ちである父親をイメージさせてくれる花です。シャイな人はムラサキツユクサを入れた花束で尊敬していることを伝えてみませんか。

ガーベラ・・・「神秘/上機嫌/辛抱強さ」

ガーベラ

白の花は「希望」と「律儀」、桜色の花は「忍耐」や「私の輝く太陽」があります。シングルファーザーなど仕事だけでなく、家事なども頑張っている父親へ贈るにふさわしい花だと思いませんか。

カンパニュラ・・・「節操/大望/感謝」

カンパニュラ

和名をツリガネソウと言います。スズランとも似ていますが桔梗の仲間で、見た目が質素でもどこか威厳を感じさせてくれる容姿から厳しくとも温かいまなざしを向けてくれる父親への花として適しています。

観音竹(カンノンチク)・・・「日々の平和」

花ではありませんが「日々の平和」という花言葉をもち、「チク」と言っても竹ではなくヤシ科植物です。中国南部から沖縄を経て日本に入ってきたことからリュウキュウシュロチクとも呼ばれます。和の雰囲気に合わせた花束にとても合い、グリーンをさしたいときに重宝されています。

デルフィニウム・・・「寛大/慈悲」

デルフィニウム

つぼみの形がイルカに似ていることから名前がついたデルフィニウムの花言葉は「寛大/慈悲」。ピンクや黄色は「気まぐれ・移り気」など婚礼にふさわしくない意味合いもあることから、結婚式に身に着けると幸せになれるといわれるサムシングフォーのひとつであるサムシングブルーにちなんで青い花をおススメします。

まとめ

いかがでしょうか?日本人は花束を贈る習慣があまりないために花選びが苦手なようです。相手を思いながら花を選んでいることがわかれば、相手はどのような花でも喜んで受け取ってもらえるはず。せっかくウェディングという人生のなかでも特別な日に渡す花束、大切な両親の笑顔とこれまでの出来事を思い出しながら花束を渡せたらきっと素敵な披露宴になるのではないでしょうか。